こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

5年後の10万円PCは128GBメモリ?

5年前の10万PCメモリの平均が2GBで今の平均が16GBであることを考えると128が予想として妥当でしょうか?どうなってると予想するか教えてください。

投稿日時 - 2012-09-12 07:22:47

QNo.7693398

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ボリューム版のVistaの登場したころに、メモリの主流は256MB、多いモデルで512MBでした。私はそのころ2GBを積んでいましたけど。2006年の11月の話です。ちなみに、2001年のXPが登場したころは、128MB、多いもので256MBでした。2倍なのですよ。この5年が・・・。

Vistaから7の期間は異常なほどにメモリを使う時代となりました。その理由は、OSが3Dグラフィックステクノロジを求めたこと。OS単体で大容量のメモリを使う時代に入ったからです。たった、1年で1GB~2GBが当たり前にまでなり、それに気をよくしたDRAMメーカーが、大量にメモリを生産し、大暴落し2GB+2GBの4GBが低価格で買えるというお粗末な状況になりました。
だから、使わなくてもとりあえず搭載する人もいたのです。

尚、PCのメモリ容量は16GB主流には至っていません。4GB~8GBが主流で、平均すると6~7GBが妥当かと思います。売れる主流は店頭モデルやBTOでも大手メーカー製ですから、10万円で16GBという選択肢を買う人はほとんどいないでしょう。

本題です。
これから、128GBになるかというと、この5年を見て判断したなら、その前の5年をなぜ調べなかったのでしょうかという話になります。基本的に、メモリが増えるタイミングはそれが必要とされたときなのです。OSの要求として32GBないと困るというようになれば、64GBが主流になるかもしれません。しかし、今OSはタブレットなどの携帯情報端末や、携帯電話(スマートフォン)に注力し始めており、しかも、Vistaでの売れ行きのまずさもあって、高機能高性能パフォーマンスも大食いのソフトウェア開発は行っていません。

むしろ、省力で高性能、高信頼、高安定性を目指しています。そのため、ここからメモリ容量が極端に増えることはないでしょう。

まあ、実を言えば、適正に必要メモリ容量を計算して導入するサーバなどは、16GBメモリ以上を搭載するのは、DBサーバや仮想サーバだけで、プリンタサーバやファイルサーバは2GB~4GBでも十分なのです。そう考えると、クライアントで何十ギガも搭載するのは、なんに使うのかわからないという話になり、平均16GBにもならないかもしれません。(まあ、単価が下がれば搭載はされますが、実用での絶対必要値ではないですから、それならメモリが少なくとも安い方がいいかもしれない)


もう一つメモリについてですが、現在のシリコンとメタル配線を使った従来の半導体メモリ(DRAM)は、2005年のISSCCで2Gbitが発表され、その後2009年に4Gbitが発表されていますが、そこから音沙汰がないのです。それに対して、PCRAM(相変化メモリ/Phase Change RAM)は8Gbitが今年発表されています。すなわち、DRAMというメモリでは、容量が増やせない時代が訪れ始めているのです。
その中でメモリの容量を増やし続けるのかという話になります。
尚、PCRAMは、DRAMより速度が遅いので、DRAMを完全に置き換えるものではなく、NANDフラッシュを置き換える媒体となります。


尚、これはCPUでも言えることで半導体プロセス技術がすでに2015年~18年頃までに最後の微細化を終えて終了します。そこから先は、光配線や光スイッチ技術など別の技術を組み込む必要があり、今とは違った形で半導体の延長技術を生み出す必要があるのです。
その技術を応用するメモリ技術は、ロジック半導体より、回路からの電力の漏れなどに、もっとシビアでそれが、保存しているデータに影響を与えるため、もっと早い段階で限界が来ると予測されています。
だから、よほどのブレークスルーがない限りは、今後も順調にメモリ容量が増えることはないといえます。ただし、DRAMとは異なるPCRAMやReRAM、MRAMなどの媒体がハードディスクとメモリの両方を一つにする形で置き換える可能性はあります。
特に、携帯情報端末では、その可能性が指摘されています。

投稿日時 - 2012-09-12 10:19:26

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(13)

ANo.13

95の時代128、98で512、7年前のXPで1G、6年目のVistaで2G、三年前のWin7搭載のPCで4G、昨年位から8Gになったことを考えると伸びは完全に鈍化してます。
実際に購入したPCに搭載されていたメモリーです。

投稿日時 - 2012-09-13 05:56:31

-広告-

ANo.12

> 予想として妥当でしょうか?
有り得る話だと思います。

現実の話…サーバ PC 用メモリに?
http://www.adtec.co.jp/products/ads12800d-r_/index.html
ADS12800D-R16GD 16384MB

1枚で、16GB のメモリが販売されて下り…メモリスロット8本
の M/B (マザーボード) が実在するので?合計 128GB に成ります。
http://www.msi-computer.co.jp/MB/X79A-GD45_8D/index.html#img/X79A-GD45_8D_Box.jpg
MSI X79A-GD45(8D)
最大メモリ 128GB をサポートします。

実際に組んでる方が折られるのか?知りませんが…
Windows Server 2011 で自作可能です。

投稿日時 - 2012-09-13 03:39:27

ANo.11

 こんばんは。

 通常のPCの最大搭載可能容量で言えば現在主流は確かに16GBですね。
しかしその通りに、またはそれ以上サポートされている容量若しくは非公式で搭載出来るからと増設する人は少ないでしょう。
多くの人は購入時のままで使いますし、昔から普通に使っていた人ならマニアを除いて適宜増設するくらいで最大で使用する人はあまりいません。
デザインとかクリエイター、ゲーマーくらいならありそうですが。

 私の今これを書いているノートPCは標準の2GBに追加で4GBを載せて使用しています。
合計6GBですが何をしていてもタスクマネージャから空きメモリを見ると2.7GB程度が無駄になっています。
つまりWindows7-64bitでも通常使用なら4GB程度で十分なのです。
一方メインPCでは地デジ視聴や録画もしているため比較的容量があったほうがいいだろうな、という考えで合計8GBを搭載していますが、やはり通常使用では無駄になっているようです。
Linuxを入れて使用していても大方4GB程度は無駄になっており、大容量化は一部を除いて自己満足になっているような気がします。

 今年Windows8が登場します。
Windows7よりも軽快に動作しています(動作させているのは今使っているノートなのですが)。
もっともWindows7と同じ環境ではないので何とも言えない部分もありますが。
これが将来的に出るだろうWindows9の発売時期くらいが5年後だと仮定すると、せいぜい倍程度で32GBくらいかな?と思っています。
最大搭載可能容量は64GBか128GBも可能性はありますが、あくまで最大搭載可能なだけで主流ではないと思います。

 現在主流は8GB搭載と4GB搭載があります。
8GBが標準で4GBは低価格PCというイメージがありますが、次のWindows(8ではなく9)では16GBが標準で8GBが低価格PC、4GBが法人向けという感じになるのでは。
そうなると個人向けPCの最大が32GB程度で自作PC向けマザーボードで64GBが最大くらいではないかというのが結論です。

投稿日時 - 2012-09-12 21:38:41

ANo.10

OSの問題 32bit 64bitに変わる物 高性能なソフト等が出ると大容量のメモリが付くかもしれないですね

ちなみに 現在のWindows7パソコン(業務用)の中で メモリは192GBが最大です
参考パソコン
http://www.pcserver1.jp/workstation/detail/194

投稿日時 - 2012-09-12 21:14:24

ANo.9

5年後だと、Windows8が枯れてきて64bitマシンが主流でしょうから、8GB~16GBくらいじゃないでしょうかねー?

しかし、思うんですが、ハーディスクや外部記憶メディアのように、データを保存できる容量を確認するために数字を出すのは分かるんですが、単なる機械の中の一時的な作業メモリの容量に、いつまで一喜一憂するんでしょうね。

パソコンが家電になりきれてないところですかね? 

この電子レンジのメモリは、ROM 128KB、RAM64KBで大幅にアップ! とか、誰も気にしないのにね。

投稿日時 - 2012-09-12 17:37:22

ANo.8

>5年前の10万PCメモリの平均が2GBで今の平均が16GBであることを考えると128が予想として妥当でしょうか?
 
価格はともかく、128GB超のメモリは出現する確率大でしょう。
予想は外れるのが歴史。
マイコン登場時の1Kバイト未満メモリの頃は、4GBメモリなんて予想する人は誇大妄想狂扱い。
14年前のノートPCのHDD2GBでさえ、現在の標準ノート4GBメモリの半分だったからね。
 
用途はズバリRAM-DISKで、24時間稼働のサーバー用途等で使われることでしょう。
しかし、現状用途に限れば一般的にはどうかな?
長期TV全録イメージ検索の用途なら、高価でもメモリは幾ら有っても良いからね。
今でも、過剰スペック機種を買うPCエンスーが多いからね。
また搭載PCが3万円になれば買う人は急増するでしょう。

投稿日時 - 2012-09-12 15:04:31

ANo.7

OSが快適に動くためのメモリ容量は
xpで512MB。
Vistaで2GB
7の32ビットで2GB
64ビットで4GB
です。

Windows8は7より軽くなってますから、5年程度で今よりメモリ容量が増えることはないんじゃないかと、、、、

投稿日時 - 2012-09-12 13:50:12

ANo.6

パソコンは、性能向上と低価格化の二つの方向に走り続けますからね。

現在でも、2GB搭載製品は多々売られていますよ。
それに5年前だと、Core2Duoの全盛期で、512MBか1GBが普通でした。
平均が2GBになるためには、4GB搭載製品もたくさん売れる必要がありますが…
いかんせん、Vistaがこけて、XP(32bit)がはびこっていたのが2007年頃です。

2012-09-12現在の価格.com売上ランキングで、人気モデルの搭載メモリーを見ると
ノート:2,4,4,2,8
デスクトップ:4,4,4,8,4
となり、あきらかに、主流は4GB、平均は16GBにはなりえません。


これは、32bitの4GB以下という制限で使われて来た環境に
経験的に4GBで充分という経験則が得られているんだと思います。

ですから、5年後でも、4GBのパソコンが売られている可能性が高いと考えられます。


これが増えていくためには、Windows8,9が、Windows7以上にメモリーを消費するようになるか
大量のメモリーを必要とする、キラーアプリが登場する必要があります。

主流は、低価格化を受けて8GB程度まで増える可能性は高いと思いますが
ずっとメモリー不足にせっつかれてきたこの20年とは、状況が変わってきています。

それは、Core2Duoと大差無いCPUが、APUやAtomとして、今も売れていることからもわかります。


アミューズメント方面では、仮想現実などの技術が、強力なCPU,GPU,大量のメモリーを要するでしょう。
でも、事務用として使われるパソコンなら、4GBで困る理由がありません。8GBのほうが快適かもしれませんけどね。


というか、大昔のパソコンユーザーなら、640KBが標準だった
VM21(1986)からDX(1990)までの時代を知っているものな。

MS-DOS5.0を得て、1.6MBがローエンドに広まったのは1992年のFX。
VM21から6年間、安い奴欲しいなら640KBでいいだろという風潮 orz
(MS-DOSからの認識の話で、実質的な実装メモリーは1MBから2MBへの移行)

で20年前あたりから、FXの同世代ハイエンドたるFAが
そのままじゃ使い物にならないとされたWindowsの時代が始まった。
そこから、ずっとメモリーが増え続ける20年間が続いてきた。

20年で2000倍くらい増えたわけだけど、それもいつかは終わるのよね。

20年前頃に始まったグラフィックスペックの拡充は、PentiumMからCoreへの移行時には
NVIDIA,ATI以外のGPUがノートPCから消えていったから、大衆はこのへんで満足している。
動画共有とHD画質への移行で、内蔵GPUへと進化こそしているものの、追加投資は一部の人だけ。

CPU性能も、Celeron DualCoreが台頭しているのだから、既に大衆は満足している。
i5がi3より売れるのは、intelが直線的なラインアップではなく
Coreiと、廉価CPUとの切り分けによって、"i5が中級"という錯覚を演出しているため。
あるいは、Core2Duo時代より速いものを買いたいという中毒めいた欲求によるもの。

メモリーも、活かすのに工夫が必要なら、増やすより、安くする方向に人は選んでいくよ。

投稿日時 - 2012-09-12 13:04:50

ANo.5

>5年前の10万PCメモリの平均が2GBで今の平均が16GBであること

今の平均が16GBってありえないですよ。
パソコンユーザーの大半はメーカー製パソコンを使っていて、そのうちの大半が購入時のままパソコンを使い続けます。
そして、メーカー製パソコンの初期メモリ搭載容量は4~8GB程度ってことを考えると、平均は8GB以下になるはずです。

それに、5年前の時点で平均2GBというのも怪しいですね。
当時はWindows Vistaが出始めた頃なので、安物パソコンはメモリ512MBの製品も結構ありましたから。
それなりのお金を出せばメモリを1GBとか2GB搭載した機種が買えましたが、当時の平均をだすとせいぜい1GBちょっとだと思います。


>128が予想として妥当でしょうか?

OS側の制限(※)もあるし、大抵のユーザーはそこまでメモリを使うようなヘビーな使い方はしないので、平均容量が128GBというのは無いでしょうね。
無難に予想するなら平均が8GBを超えるくらい、予想以上に伸びたとしてもせいぜい16GBくらいでしょうね。

※現行のWindows 7はHomePremiumの場合は16GBまでしかメモリを認識しない。ProfessionalやUltimateだと192GBまで認識可能。


>どうなってると予想するか教えてください。

今から5年後に発売しているであろうIntelで開発中の新CPUの仕様からいって平均128GBというのは100%無いですね。
メモリ周りの仕様がデュアルチャンネルらしいので、メモリの枚数は最大4枚までですから、仮に1枚で16GBのメモリが登場したとしても最大メモリ容量は64GBにしかなりません。
それに、一般ユーザーが128GBもメモリを必要とするはずが無いですしね。
前述したように、平均メモリ容量は増えたとしても8GBを超える程度、予想以上に伸びても16GBだと思います。

投稿日時 - 2012-09-12 10:29:09

ANo.3

どうやって平均値を出すのか不明ですが
現行の大手メーカー製WSモデルは
トップエンド機種のCPU2個搭載モデルでは
最大メモリ搭載量は既に96GBの物も192GBの物もある。

http://www.dell.com/jp/enterprise/p/precision-t7500/pd
http://h20547.www2.hp.com/is-bin/INTERSHOP.enfinity/WFS/Directplus-Customer-Site/ja_JP/-/JPY/BrowseCatalogForBusiness-Start?CategoryName=SERI:1458
http://www.nec.co.jp/products/workstation/50/56xf/spec.shtml

集積度が18ヶ月で倍になるのなら
5年後に
192×2=384
384×2=768
768×2=1536
になっていても不思議ではない。

投稿日時 - 2012-09-12 09:57:29

ANo.2

CPUやチップセットで扱えるメモリの上限というものがあります。
また、メモリは高速化の傾向にありその弊害としてスロット数が多いとメモリの同期が取れなくなるためメモリスロットが減少傾向にあります。
また、メモリモジュールの基板に取り付けれるメモリチップの数も有限ですのでそれに見合う大容量のメモリチップの開発が必要です。
16GB~32GBはありうるとしてもそれ以上については今のところ判断しかねます。

投稿日時 - 2012-09-12 09:28:58

ANo.1

>今の平均が16GBである

どこからそんな数字が出ているのでしょうか???
一般的に売られているPCに採用されているWindows7 Home Premiumの64bit版でサポートされる最大物理メモリサイズが16GBですよ?

平均的に見ても売られているPCのメモリは4GB程度ですし、ノートPCの大半でサポートされる「最大物理メモリ」サイズは8GBです。

>128が予想として妥当でしょうか?

物理メモリ自体がそんなに肥大化する様なことはありません。
現状で2GB程度でも十分なパフォーマンスは得られますし、ちょっとメモリを要する作業でも8GBもあれば十分なパフォーマンスは得られます。
むしろiPadやAndroidタブレット端末の台頭がありますから、CPU処理に対する物理メモリの肥大化はむしろ抑えられていく(とは言え多少は肥大化するかもしれないですが)と考えた方が良いと思われますので、せいぜい行って8GB程度でしょう。

投稿日時 - 2012-09-12 09:20:38

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-