こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

白色LEDチップの駆動方法と明るさの関係

白色LEDチップの駆動方法として、定電流駆動やパルス駆動が利用できます。
お教えいただきたいのは、定電流駆動の場合とパルス駆動の場合の明るさに関してです。

定電流駆動の場合、電流が大きくなれば明るさは明るくなります。いま、定電流駆動の電流値を10mAとします。
パルス駆動を50mA、デューティー20%でパルス駆動した場合、明るさは定電流駆動の場合と同じでしょうか?

厳密には、いろいろなファクターを考慮しないといけないかと思いますが、明るさを比較する上でのポイントと結論をいただければと思います。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-09-08 19:28:40

QNo.7687421

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

フォトダイオードとオシロスコープで確認するのが確実ではないでしょうか?
電流とフォトダイオードの出力変化の比較でノンリニアの特性が解らないかと
考えています。
人間の目は残像が残りますから、ピーク検波や負荷の軽い包絡線検波
みたいになり暗い部分が分からないかもしれません。

投稿日時 - 2012-09-19 17:49:06

お礼

回答いただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-16 22:17:37

-広告-

ANo.1

LEDの特性によっても違ってくるでしょうが、平均電流で同じ明るさにならないようです。
白色LEDチップは電流、相対光度特性は必ずしも直線ではありません。
また、電流値によって色合いが変わりますから明るさの感じ方も変わると考えられます。
実際には使うLEDで駆動してみて、比較測定しないとわからないと思います。
http://www.nichia.co.jp/specification/jp/product/led/luminosity.pdf

投稿日時 - 2012-09-08 20:11:55

お礼

コメント、ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-16 22:17:12

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-