こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

シーケンサと内製化マイコンボードの混在システム

シーケンサ等と内製化したマイコンボード等が混在するシステムで、
内製化したマイコンボード等の部分は、具体的に、どのような用途や
処理に使われているのでしょうか。

ご回答を宜しく御願い申し上げます。

投稿日時 - 2012-02-21 00:55:34

QNo.7317727

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

概ねPLCで出来ない事をマイコンボードが担う

具体的には
超高速データ処理(概ね三角関数とかの浮動小数点計算)
ただ、最近のCPUは高速高機能になったので
少々三角関数や開平計算が入ったところでPLCだけで間に合う
三角関数の塊になるとPLCではやる気が失せる


他には
マイコンではなくてパソコンになりますが
所謂、レシピ切替(ワーク品種毎のデータブロックの切替)
レシピ点数が小さければPLC内で十分間に合うが
レシピのブロックの大きさが数kバイトを超えるとPLCでは辛い
ダメ押しに漢字データを含んでいてしかも漢字を編集するとかになると
PLCではやる気が失せる <必ずしも不可能ではないが


また、ワンボードマイコンではやりにくい事をPLCにさせる
具体的には動作が不定の場合
PLCの最大の利点はRUN中書込み機能
機械の動作を見ながらプログラムを編集できる
これはマイコンではほぼ不可能
マイコンでこれをやろうとするとPLCそのものを自作するに等しくなる

投稿日時 - 2012-02-21 20:41:54

お礼

ご回答を頂きまして有難う御座いました。
とても参考になりました。

投稿日時 - 2012-02-25 23:30:17

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-