こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

CDブート可能なキーボードテストツール

HDの無いジャンクPCなどで、事前にキーボードチェックできるツールがフリーであればと思い、質問させていただきました。
当然、CDブートできるものが条件です。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-11-27 23:38:04

QNo.7158475

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

動作条件の問題が無いわけではないけど、多くのPCでは
普通にLinuxのLiveCDでキーボードの動作確認ができる。

Core2Duo世代のPC以降であれば、Ubuntu10.04LTSの
日本語Remix CDが普通に動くので、キーボード、マウス、音源、LANなどが動作確認できます。
http://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1004-desktop-ja-remix-20100512


起動時の初期段階で日本語仕様になっていない場合は
英語キーボードとして動作する場合が多いと思いますから
UbuntuやPuppyのように、日本で日本語版CDが公開されているものがいいでしょう。

PentiumIII世代のものなら、Puppy Linuxのように軽量化されたもののほうが良いでしょう。
Puppyは起動時に、キーボード選択の画面が出るので、そこで指定すれば良いはずです。


稀に、GUI画面が使えない場合がありますが、少なくとも酷使されて接触不良になることの多い
アルファベットや数字のキー、またEnterキーなどについては
GUIが使えない状態でも、動作の確認ができるはずです。

GUIが無事起動すれば、必要に応じて、sudo fdisk -l /dev/sdaといった書式で
HDDのパーティション構成を確認したり
ddコマンドでHDDのゼロクリアを行なったり
ddrescueコマンドで不良セクターのあるHDDから
読み出し可能部分だけを、別のHDDなどに複製することもできます。

たとえば、GeeXboXのように、HDDの無いPCを
メディアプレーヤーとして利用するLinuxディストリビューションも存在します。


なお、独自キーを持つキーボードの動作検証にはxevコマンドが有用です。
実際に反応する機能が無かったとしても
キー入力イベント自体を検出し表示しますから、入力可能であることは確認できます。

たとえば、ThinkVantageキーがkeycode156であることが確認できます。

これは独自キーの専用ドライバーが得られないパッケージ版WindowsやLinuxで
独自キーを活用するためのカスタマイズのヒントとなります。

投稿日時 - 2011-11-28 00:12:17

お礼

早速の回答ありがとうございました。
捕捉の情報までただき、大変勉強になりました。

KNOPPIXを使用していたのですが、仕様により正常に起動できないものもある為、簡単に確認できるものがあれば、と思っていました。
早速、UbuntuやPuppyでも試してみたいとおもいます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-11-28 00:47:40

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-