こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

不要になったVHFアンテナの再活用について

地デジ化となり、我が家の屋根のVHFアンテナも不要となりました。
朽ち果てるまで放置もいいのですが、朽ちる前に台風等の影響を考え、取り外そうと思っています。

ふと、取り外す前に思いました。そんなに古くないし何か再利用できねえのかと。
我が家のVHF環境は5段階評価で2~3.5程度の中電界だと思います。
その空いた周波数帯を利用し、モバイルデーター放送が始まると聞いています。

そのままにして、のちに始まるモバイル放送の屋外アンテナ転用とすることができるよ、そんな情報が有りましたら教えてください。
「それは違う、あなたの勘違い。搬送形式も違うし、VHFアンテナには非対応。中電界ならモバイル機器で充分だから不用だよ」というご意見情報もありましたら合わせてご教示下さい。

よろしくお願いいたします。
・・・本音を言えば急な屋根からVHFアンテナを降ろすのが面倒くさかったりします(苦笑)

投稿日時 - 2011-08-02 12:44:47

QNo.6915937

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

 更に条件の悪い例がありました。
NHK-FM(山梨・三ツ峠送信所:86.0MHz100W)です。
直線距離100kmはあります。
アンテナの向きも添付画像の緑の範疇とはいえ、そんなに合っていません。
ところがクリアに聞こえます。※
それでも使えないとお思いになりますか??

※ これ書いている間に「何でだろう?共同受信アンテナだからブースターが入っているのか?」と思えてきました。
でも、アナログTVは、自室内でブースター通さないと写らなかったから、違うかな?・・・というか、同条件のTVアンテナでFM放送はクリアで、TVは駄目っておかしくないか??(^_^;)

投稿日時 - 2011-08-04 09:18:41

お礼

ご回答ありがとうございます。

>同条件のTVアンテナでFM放送はクリアで、TVは駄目って


アナログは音声周波数と映像周波数が異なっていて、送信出力と特性上から音声だけは遠方まで届くような気がします。

なるほどなぁ・・・FM長距離受信は全く考えてませんでした。地元のFM送信所に焦点というか、向きを合わせると他県は全く違う方向なんで(^^;

投稿日時 - 2011-08-04 09:50:17

-広告-

ANo.6

 中央エフエム(84.0MHz)は、銀座に送信所がある20W局です。(大手は5kwですから、その1/250ですね。)
本来は都内及び隣接市(市川市など)の一部をエリアとして設定しています。
ですから、「きれいに入っています。」と受信報告書を送ったら、「想定エリアの遥か外なので、驚きました。」という返信をいただきました。
それはうちから見た東京タワーの方角と送信所の方角が、ほぼ合っていたからだと思います。
ですから、強電界じゃないからというのは、当てはまらないと思います。
アンテナの向きを合わせれば、76~90(現行、86~90は空いている)MHz受信に十分使えますよ。

投稿日時 - 2011-08-04 08:34:58

お礼

ご回答ありがとうございます。

>アンテナの向きを合わせれば、76~90(現行、86~90は空いている)MHz受信に十分使えますよ。


了解です。テレビ用VHFアンテナは、76~88MHzでは効果は明らかに有るが劇的な程とまではいかないと思ってました。
ていうか、FM遠方受信はまったく考えていませんでした(^^;

投稿日時 - 2011-08-04 09:57:53

ANo.5

ウチもFMラジオ用に転用しました。
大手9+コミュニティ局4局※がきれいに入ります。
TVいらないですね。(^^♪

※千葉県北西部で受信:J-WAVE、NHK(周波数違いで計5局)、放送大学、BAYFM、TOKYO FM、Inter-FM、NACK5、FM-FUJI、FMヨコハマ、FMえどがわ、いちかわエフエム、かつしかエフエム、中央エフエム

投稿日時 - 2011-08-03 08:13:39

お礼

ご回答ありがとうございます。やはりFMアンテナに転用が一般的な再活用方法ですね。
しかし、FM専用アンテナではないので強電界ならともかく、中電界ですから76MHz~88MHzまでは効果が薄いような気がします。

投稿日時 - 2011-08-04 07:26:49

ANo.4

少なくともFMラジオ放送は受信できているはずです。地アナ1chのすぐ下の周波数帯を使っていますから。
もし外部アンテナをつなげられるコンポ、FMチューナー、ラジカセなどがあるのでしたらつないでみればすぐに判ります。非常に明瞭に聴こえるようになります。

投稿日時 - 2011-08-02 14:23:54

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-08-03 07:07:29

ANo.3

ほら、屋根に乗っていればかっこよく見える!
あっ、石投げないでっ

あれですね、モバキャスがVHFで運用されますね(ボロッ
形式的にはワンセグ+αって感じです。
なんで、携帯電話といったモバイル端末向けになるはず。
アンテナとしては使えると思いますが、TVのような形式で送信するのか、携帯電話のようなセル構造取るのかがわからんところですね。
ただ、使えたとしてもアンテナの向きは変えないといけないでしょうのぅ・・・。

そもそもビジネスとしてすでにあやしかったりするので、あまり期待しないほうがいいかも。(ゲソ

投稿日時 - 2011-08-02 14:23:26

お礼

ご回答ありがとうございます。かつてモバHO!を契約してまして、あんな感じになるのかなと思っています。

投稿日時 - 2011-08-03 00:52:32

今気になっている、VHFの空いた帯域を使う放送は、VHF-Low帯マルチメディア放送などと呼ばれているもののようです。でもこれで具体的に何をするのか、いまいち見えないんですよね。デジタルラジオになるっぽい?

しかしそうなったらなったで、モバイルデジタルラジオなのに屋外アンテナが必要って言うのは、激しい矛盾ですよね。それに今の電界強度はテレビ局が出している電波のそれであって、このVHF-Low帯とやらの送信所がどこになるのか、送信空中線電力がどれほどなのか、何も解りませんから、アンテナが必要かどうかという議論すら成り立たない気がします。

ただ一つ確実なのは、デジタル化に伴って変調方式は古典的なAMやFMではなく、符号化変調になります。じゃないと電波の帯域幅が広くなりすぎ、効率が悪くなりますから。しかし帯域幅が変わると言うことは、放送局の並ぶ周波数間隔も変わると言うことになるので、今のVHFアンテナでどこまで性能が出るのかもちょっと疑問に思えてきます。

でも、積極的にアンテナが屋根に対する障害にならないなら、気が向くまで放置でいいんじゃないですか?

投稿日時 - 2011-08-02 14:12:57

お礼

ご回答ありがとうございます。
当面放置する考えに傾いてきました・・・。

投稿日時 - 2011-08-03 00:44:49

ANo.1

VHFアンテナがカバーできる周波数の電波であれば、再利用は可能です。
モバイル放送がどの様な物か判りませんが、
TVと同じ水平偏波であればそのまま使えますが、
垂直偏波の場合アンテナを90度(エレメントを垂直)にしないとなりません。

FMラジオの受信に利用することは可能です。
アナログ1chの周波数が90~96MHz(映像91.25MHz 音声95.75MHz)ですので、
すぐ下の76~90MHzのFM放送は十分に利用可能です。

投稿日時 - 2011-08-02 14:07:42

お礼

ご回答ありがとうございます。FM放送受信は考えてませんでした。

投稿日時 - 2011-08-03 00:42:40

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-