こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

決算短信の業績予想について

決算短信の1ページ目の最後には、たいてい業績予想があります。
これはいつからいつまでの機関の業績予想なのでしょうか。

たとえば、下記はスタートトゥデイの短信決算です(平成23年3月期 通期決算短信)。
http://www.starttoday.jp/ir20110426-2.pdf

これの一ページ目最後に、業績予想があります。タイトルとしては、
「3.  平成24年3月期の連結業績予想(平成23年4月1日~平成24年3月31日) 」
とあり、第2四半期(累計)と通期に分かれています。

第2四半期(累計)は、第1四半期(予想)+第2四半期(予想)をあわせたもの、
通期は今年1年の決算を予想したものと考えてよいでしょうか。

もう少しで第1四半期の発表の時期ですが、この結果を見て、すでに発表されている
業績予想(第2四半期(累計))と比べ、単純計算なら50%を満たしているはずです。
しかし、これがはるかに少なく、たとえば10%しか満たしていなかったら、第2四半期の発表前に下方修正があるな、もしくはもう70%もみたしていたら、上方修正があるななどの予想ができるということでしょうか?

また、もしかして、第1四半期の発表で、第2四半期(累計)の業績予想の50%より、大きくかけ離れていた場合、この時期すでに下方、上方修正が出ているものですか?逆に、この時期出ていなければ、大体50%程度になっているなと考えていいのでしょうか。

最後に、見方の確認です。
たとえば、業績予想で、通期の経常利益は、46.1%となっています。これは、今年1年間の経常利益が、去年の経常利益の1.46倍になるだろうと会社が予想していることですよね。

投稿日時 - 2011-07-18 23:45:19

QNo.6884451

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>第2四半期(累計)は、第1四半期(予想)+第2四半期(予想)をあわせたもの、
通期は今年1年の決算を予想したものと考えてよいでしょうか。

3月決算の企業は、

第1四半期(4~6月)
第2四半期(7~9月)

上半期(中間決算とも言う)
(4~9月)

第3四半期(10~12月)
第4四半期(1~3月)

下半期(10~3月)

通期(4~3月)

>業績予想(第2四半期(累計))と比べ、単純計算なら50%を満たしているはずです。

業種にもよります。洋服は夏のセールや秋冬物のほうが単価が高かったりするので、
天候に左右され、単純に計算してもあまり意味はないかも。

基本第1四半期で決算修正(上方下方とも)をかける企業はほとんどありません。
中間決算から修正する企業がほとんどです。

>たとえば、業績予想で、通期の経常利益は、46.1%となっています。これは、今年1年間の経常利益が、去年の経常利益の1.46倍になるだろうと会社が予想していることですよね。

見方はあってます。

22年(46.2%)、23年(80.6%)、24年(46.1%)…もしかしたら成長が鈍化しているかもです。

投稿日時 - 2011-07-19 07:30:07

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-