こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

GPGPUの効果について

GPGPUの効果について


CUDA対応の動画エンコーディング変換ソフト
「MediaShow Espresso 5.5」を利用して
以下の24分のテレビ番組の形式変換を行いました。

結果をご覧のとおりは、GPGPUの効果がほとんど現れて
おりません。

CPU速度をを1.2倍にオーバークロックしてやると
30秒も結果が縮まる結果も出ており、GPGPUのために
ビデオボードを買うお金があるなら、高価なCPU
を買った方が得策という結論になってしまいそうです。

ただ、もしかすると、CUDAは特定の形式変換にのみ
効果を発揮するだとか、解像度が高い同士の変換で
なければ効果が出ない等の事情があるのかもしれません。

だれか、GPGPUの効果について詳細な情報をお持ちの方が
いましたら、アドバイスをお願いします。


-------------------------------------------
変換の詳細

PC
 CPU:Core i5 655K 3.20GHz

変換元
 映像 :WindowsMediaVideo(Ver9.0)
 解像度:704x396
 音声 :MP3
 サイズ:190MB

変換先形式:
 映像 :H.264/AVC
 解像度:320x240
 音声 :AAC
 サイズ:70MB

-------------------------------------------
結果

(1)GeForce 9600GT 512MB
 ⇒2分35秒

(2)GeForce GTX460 768MB
 ⇒2分28秒

(3)CUDA無効
 ⇒2分44秒

-------------------------------------------

投稿日時 - 2010-07-31 21:26:22

QNo.6078102

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

MediaShow Espresso では H.264 にエンコードする時のみ GPGPU が働くようです。
お試しになった際には、その縛りはクリアできています。

けれど、それ以前に、MediaShow Espresso は、そんな傾向のアプリのようです。
下記の3ページ目に、グラフィックボードを搭載した際の効果がグラフと共に載っています。
見られない場合は、会員登録をなさって下さい。

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20090610/1015966/?P=1

投稿日時 - 2010-07-31 22:11:50

お礼

回答ありがとうございます。

記事を閲覧しました。
以下の傾向があるようですね。
・CPU能力が低いほど効果が顕著。
・CUDAエンジンを搭載してさえいれば、GPUの性能差はほとんど現れない。

ただ、この結果がDOS/V PowerReport 7月号 94ページの実験結果と
異なる点が気になります。
DOS/V PowerReportでは、CPUが高性能であるほど、GPGPUの効果も
上がるという結果になっていましたから…。

投稿日時 - 2010-08-01 22:42:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

ソフトがどのように利用するかでもかなり違ってくるのではないかと思います。
またデータの受け渡しに要する時間もあり、CUDA利用が必ずしも時間短縮になるとは限らないのだと思います。(CPUが高性能な場合はCPUで処理したほうが効率がいいことがある。)

TMPGEnc4.0XPressでもCUDA利用ができますが、フィルター処理だけの利用で、事前に効率を調べてCUDAを利用するかしないか設定しているようです。
(私の場合、エンコードは主にSpursEngine利用です。)

投稿日時 - 2010-08-01 00:19:10

お礼

たしかに、GPGPUより、エンコード専用のチップを利用するのが最速への道
のような気がします。

投稿日時 - 2010-08-01 22:38:03

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-