こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

Intel-Xeon VS AMD-Opteron

Intel-Xeon VS AMD-Opteron
現在、どちらのPCを64Bitサーバー機にするか悩んでいます。
(導入するサービスは、Samba・SSL・VMWareの予定)
尚、選ばなかった方は32BitのWinXPで稼働予定。
もっともネックになっているのはCPUです。
他の性能は大差無いと思います。(後はメモリの転送幅ぐらい?)
Core 2アーキテクチャは32BitOSに強く、64BitOSに弱いと聞きますが事実でしょうか?
自分はどちらのPCをサーバーにする→その理由
といった形で答えていただけると非常に助かります。
どしどし意見お待ちしています。

【一番目のPC・Intel】
CPU:Xeon X3360 2.83Ghz Quad Core
Mem:DDR2 800 2GB x4 = 8GB
M/B:LGA775 汎用マザー
HDD:SATA(適当)

【二番目のPC・AMD】
CPU:Opteron 275 2.2Ghz Dual Core x2 = 2.2Ghz x4
Mem:DDR ECC 1GB x8 = 8GB(各CPUに4本接続)
M/B:Tyan製 Socket 940 Dual Opteron
HDD:SATA(適当) SASは導入予定無し

それではよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-01-06 20:35:15

QNo.5572889

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

  VMwareを運用とのことなので、仮想化支援のついたIntelマシンを勧めます。
Opteronの275では仮想化支援は対応していなかったはずです。
消費電力の点や、故障時の代替パーツの入手性も考え、運用するならばIntelマシンです。
 
 Opteronはchipkillが使えれば、メモリ周りは安心ですが、ボードがtyanなので、
サーバ運用はちょっと怖いかなと。tyanのopteronボードは、新品で2回ほど組んだことありますが、
1台はボード初期不良で起動せず、しかし新品交換後稼動1ヶ月で起動しなくなりまた修理、
2台目は稼動半年で突然電源入らなくなる、ってことがありました。私の中では、tyanのイメージはすごく悪いです。

 あと、私自身運用に携わったことはないので実際の現場は良くわからないのですが、
XeonMPみたいなCPUホットスワップできるものはともかく、普通のDualCPUのマザーボードでは、
CPU1つ壊れたら動作しない気がします。間違ってたらごめんなさい。
 
 CPU、メモリ、マザーボード、ハードディスクなど、ハードウェアの代えはいくらでも利きますが、
データの代えは利きません。どちらの構成になったとしても、RAIDミラーは必須でしょうから、
安くてもいいので、ハードウェアRAIDカードの購入をお勧めします。

投稿日時 - 2010-01-09 12:32:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

【二番目のPC・AMD】をサーバにします。
私が一番にサーバに求めるのは性能ではなく可用性(信頼性)です。
選んだポイントは3つです。
(1)CPU2ソケット
   (片方のCPUが故障してももう一方のCPUだけで運用を継続できる)
(2)Tyan製の2ソケットということでサーバ用途に設計されたM/Bだと思われたから
(3)主記憶がECC付き

投稿日時 - 2010-01-06 23:24:30

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かにサーバーにおいてもっとも重要な点は安定性と、冗長性
だと思います。

投稿日時 - 2010-01-08 22:13:51

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-