こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

ジュラルミンについて

ジュラルミンについて教えてください。

1.表面に傷はつきやすいでしょうか? 普通のアルミに比べると明らかに違いますか?

2.ステンレス304に比べて、加工しやすいでしょうか? チップソーや、バンドソーによる切断の場合

3.アルマイト加工は、可能でしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-07-27 15:23:32

QNo.5159585

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

初めまして
御質問1)
    普通のアルミよりは,傷は付きにくいですが、鉄(SS材)の比べると,やはり「キズ」は目立ちます。

御質問2)
    SUS304に比べたら遥かに加工しやすいです。加工性は,「アルミ」と「SS材」との中間から,若干「アルミ」寄りと言った様な感じです。

御質問3)
    申し訳有りません,これに付いては,現場での,経験が無いので解りませんでした、すみません。

蛇足では有りますが、「SUS304」固くはないのですが,材質的に,「粘っこい」ので,穴開け,タップ等は,注意が必要です。
「ジュラルミン」は,以前「アルミ」と思って「アルミ」の加工条件で,切削しましたら,工具のチップが吹き飛んでびっくりしました。

なにか,訳の分からない回答になってしまい申し訳有りませんでした。

投稿日時 - 2009-07-28 07:16:24

お礼

回答、ありがとうございます。

ジュラルミンは、さすがにアルミ用のチップソーではダメそうですね。これだけでも、勉強になりました。

傷は、鉄に比べると付きやすいんですか・・。 ちょっと、摩耗するところに使いたいので、試作してみて、様子をみたいと思います。

ありがとうございました。 

投稿日時 - 2009-07-28 20:44:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

ジェラルミンと言ってもいろいろ種類がありますが。

1、アルミですから傷はつきやすいです。

2、SUS304より加工しにくいって言うと、工具鋼ぐらいしか・・。はるかにジェラルミンのほうが加工は楽です。

3、アルマイトは可能だと思います。一品物でアルマイト処理できる工場を知ってれば・・・の話ですけど。

投稿日時 - 2009-07-27 20:18:19

お礼

回答、ありがとうございます。

>ジェラルミンと言ってもいろいろ種類がありますが。

そうですね。 もっと詳しく書くべきでした。 A2017についてです。

別な話になりますが、SUS304って、そんなに加工しにくい部類に入るんですね。 しっかり、私も苦労していますが・・・・。

今回、傷があまり付いてほしくないところに使用予定です。 もう一度、検討してみます。

投稿日時 - 2009-07-28 20:54:42

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-