こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

CPUはムーアの法則を維持している?

@ITの記事に
「CPUの処理能力は3GHzくらいで一度停滞したが、マルチコア化することで『18カ月間で2倍の性能になる』というムーアの法則を維持した。」
http://www.atmarkit.co.jp/news/200905/14/sap.html

とあるのですが、
いま、CPUには、Core i7, Core 2 Quad, Core 2 Duoなどがあると思います。
これらはマルチコアCPUのようですが、シングルコアCPUに換算すると、どの程度のGHzに相当するのでしょうか?


「18ヶ月で二倍の性能」を維持しているとしたら、たぶん今から18ヶ月前くらいがCore 2 Duoが出てきた頃のような気がするので、
最新のCore i7などは、単純に3Ghzの二倍でシングルコア換算で6Ghz相当になるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-05-15 20:17:26

QNo.4961497

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 http://xx-xxx-xx.hp.infoseek.co.jp/kikaku1/hdbench.html このサイトのCPUのベンチの性能比較をされるとよくわかると思います・・・
 このサイト内に記載されている Corei7(クアッド)とCore2(デュアル)は性能はおよそ倍(演算部門)になっています。
 Core2duo と COore2(クアッド)どは約性能が2倍になっております。
 
>ベンチマークを取ると処理能力にどの程度の差が生じているのか?
約1.5倍~2倍程度ですね(デュアル)
 そう 必ずしも性能が倍 数倍 とはならず、 CPUの基本的な設計なども関係しています。

 Pen4の2.66 と Corei7 の2.66 では大きく異なります。 
 異なる点、  CPUの中核ともいえる アーキテクチャの違い (アーキテクチャが変わったり改良が加えられたりするとCPUの性能に大きく変動が起きます)
 単純に言うと、 Pen4の1クロックあたりの性能が5 だと仮定します。 Corei7の1クロックあたりの性能を8です。 これが、アーキテクチャの改良による性能の向上だといえます。
_________________________________
 Corei7を例に挙げると、 Corei7 2.6(クアッド)のCPUを完全にシングルコア化すると、 約195000(整数演算の数値) Pnetium4 2.6 は約80000(整数演算) と Corei7をシングルコアと仮定しても Pentium4の倍近くの性能があります。(1つのCPUあたりの性能)
_________________________________
>クアッドなので、四倍程度の処理能力の差が生じるのか…ということが知りたいです。
 Corei7はPen4の4倍以上の性能があります。 Core2と比較すると、倍近くの性能がありますね。

 なぜかと言うと、 Pentium4は 1クロックあたりの性能が悪い いわばPen4は高クロックでこそ他の会社のCPUに性能面で対抗できるのです。
 Corei7では、Penitum4と比べても1Mhzあたりの性能が大きく違うため対照できません。

投稿日時 - 2009-05-16 14:13:17

お礼

ご回答ありがとうございます。
お返事が遅れまして申し訳ありません。

大変みやすいベンチマークのサイトを教えていただきありがとうございます。
大変わかりやすく勉強になりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

投稿日時 - 2009-05-19 02:50:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

 性能は、クロック周波数だけではありません。 1クロックあたり どれだけのデータを処理できるかも重要です。

 Core2duoをシングル化しても、コアクロックはデュアルの状態と同じです。
 マイコンピュータには、私の場合 {Core2duoE6700@2.66
                 Core2duoE6700@2.66} と表示されています。
 Core2duoは、マルチコア(2個)のコアが同じクロックで稼動しています。 

 ムーアの法則は、ある程度まで維持されていますね。 しかしながら、法則は法則に過ぎず 上手に性能が2倍 3倍とはいきません。 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

最新のCorei7は、現在のラインナップでは 4コア クアッドコアしか出していません。
 しかし、 Corei7はHTTテクノロジにより、4コアのCPUを8コアで動いているように見せかけています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Intel_Core_i7 

投稿日時 - 2009-05-15 21:51:35

お礼

ご回答ありがとうございます。
すみません。質問タイトルがよくありませんでした。
「デュアルコア・クアッドコアCPUの処理能力は、シングルコアの処理能力の二倍・四倍になっているのでしょうか?」
とすべき(これでもよくない・・・?)でした。


たとえば、シングルコアの2GHzのCPUと、マルチコア2GHzのCPUとだと、マルチコアのほうが一般的に早いと思うのですが、前者と後者のCPUとでは、ベンチマークを取ると処理能力にどの程度の差が生じているのか?

私のCPUは、Pentium4の2.60GHzなのですが、これをたとえば、Core i7-920 (Quad Core/2.66GHz)と処理能力を比較すると、他のハードなどの条件は同じでボトルネックとなるものもないと仮定すると、どの程度の差が生じるのか、クアッドなので、四倍程度の処理能力の差が生じるのか…ということが知りたいです。

お手数をおかけしますが、よろしければご回答をお願いいたします。

投稿日時 - 2009-05-16 02:46:54

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-