こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

特許侵害について

近日に特許侵害で某企業を訴えるのですが、なにぶん訴訟先の企業は零細企業でして損害賠償請求(たぶん示談となりますが)した場合に、お金は取れるのでしょうか?
弁理士の先生は、高確率で侵害していると言われています。
その会社のB/SもP/Lも見た事ないのでどの様な体力があるかは定かではありません。
しかし、本特許のビジネスで収益を上げている事は確かです。
理由は、ネット上で受けつけしており、個人のブログでも『良いサービスでした』という反響の声が多々あるからです。資本金は1200万ですが、噂ではほとんど好ましい形では残っていないようです。
こういった会社からお金をとる場合は、どの様にする事が望ましいのですか?
更に、その会社が倒産する場合、その会社の代表取締役や取締役などの個人からお金を徴収する事は可能なのですか?
また、債権者としてはどの様な順位に位置づけられるのですか?
一概には言えませんが後順位者となるのでしょうか?

投稿日時 - 2007-09-27 12:37:26

QNo.3380974

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

損害賠償請求で勝つと「被告に債務が、原告に債権があるのが確定するだけ」です。

簡単に言えば「損害を金で返す」のが決まるだけ。「借金を金で返す」のと何も変わりません。

もちろん、取り立ては「自分で行う」ことになります。

>お金は取れるのでしょうか?

無一文の人や会社に「金返せ」って言っても、1銭も返ってきません。昔から「無い袖は振れない」と言います。

お金が取れるかどうかは裁判は無関係です。すべては「相手の支払い能力」と「自分の取り立て能力」にかかっています。

裁判にいくら勝とうが、どんなに高額の賠償金が確定しようが「相手の支払い能力がゼロか、自分の取り立て能力がゼロなら、1銭も返って来ない」のです。

>その会社が倒産する場合、その会社の代表取締役や取締役などの
>個人からお金を徴収する事は可能なのですか?

代表取締役や取締役個人にお金がありそうなら、被告を「会社と、代表取締役個人と、取締役個人」にすれば良いのでは?

会社だけを訴えておいて、代表取締役や取締役個人から金を取ろうってのは虫が良過ぎます。

とは言え、個人を訴えても「判決が出る前に、資産の名義を家族に変えられ、本人は無一文」とかの「逃げ道」があり、結局は「無い袖は振れない」と言われて終り。差し押さえようにも「差し押さえされる資産」が無いとどうしようもありません。

事実、有名な掲示板「2ちゃんねる」の管理人は損害賠償請求訴訟で負け続け、多額の損害賠償が決定していますが、それら全てを「無い袖は振れない」として1銭も払っていませんし、払わなくても法にも触れず罰則もありません。

>債権者としてはどの様な順位に位置づけられるのですか?
>一概には言えませんが後順位者となるのでしょうか?
一般債権者です。根抵当など優先抵当を持つ銀行などが不動産を根こそぎ持って行った後の「残りカス」を一般債権者として比例配分する事になります。

「しっかりキッカリ損害をお金で返してもらう」には「相手の会社を潰さない事」です。

潰れちゃったばかりに「倒産後の残りカスを分配したら、取り分は10万円ぽっち」なんて事になりかねません。それだったら「分割でも良いから、毎月10万円づつ払ってもらい、時間をかけてでも良いから全部返してもらう」方が良いです。

投稿日時 - 2007-09-27 13:12:55

ANo.2

弁理師さんでしたか失礼しました。
でも、やっぱりその弁理師さんと相談するのが一番かと・・・

投稿日時 - 2007-09-27 12:50:56

ANo.1

すでに弁護士さんに相談してるようですが弁護士さんに聞けば一番間違いないかと・・・

投稿日時 - 2007-09-27 12:48:32

あなたにオススメの質問