こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ウィルス対策の責任は?

少し前に、「ウィルスソフトを入れなくても…」と質問したら、無責任な奴みたいなお答えをいただきました。
詳しくは分かりませんが、インターネットで見られるものも、メールもみんな、プロバイダを通り、ブラウザを介して閲覧できるようになるんですよね?
だとしたら、そのプロバイダ・ブラウザでウィルスをシャットアウトするようになっているのが、むしろ当然のような気がするんですが。
何千万というユーザーに、それほど安くはないウィルス対策ソフトを買わせるのは、どうも納得がいかないのですが。

投稿日時 - 2005-01-16 09:32:37

QNo.1170079

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1 プロバイダが標準でウイルス対策をしないのは故意にウイルスを送信したい。
  という人もいるため。故意でなくてもサンプルとして送りたい人もいるから

2 ウイルスとは広まり、被害が出ないとウイルスとして認識されない。
  ちょっとした知識があれば相手にダメージを与えるプログラムなど作れる。
  私も作れます。いかなるウイルスチェックにもひっかかりません。
  よって個人的に作った悪意のあるプログラムは検出不能。

3 素人だとウイルスの意味すらわからず、CDなどから感染してもプロバイダのせい
  にする輩がいるため、プロバイダも困る

4 ある程度のユーザーであればウイルスソフトなどなくても汚染しない。
  ウイルスを実行させません。メールソフトやブラウザに気を使います。

5 メールだけならまだしもHTTPやUDPまで監視するとプロバイダに大きな負担が
  かかるため不可能。AES-128など暗号化されている場合はまず無理

6 ウイルスといっても他の人に糞メールを送るだけのものから
  データを破壊するもの、データを盗むものいろいろあるので軽い風邪の
  ように自分は平気だから他人に迷惑かけても気にしないと同じ。

7 法律でプロバイダが取り締まるようにされていないから。
  犯罪者がいるから警察がある。犯罪者がいないと警察は仕事がない。
  たばこも日本では大きな税源となるため合法、他人は迷惑。
  前科者や幼児虐待、そのような可能性のあるやつおよび一定の知性がないと
  子供を産んではいけない。という法律もないし。

8 Apple,Linux向けのウイルスは利用者が少ないのとWindowsとは構造が違うため
  汚染しにくい、ウイルスを作る人はつまらない。


まとめると火事と同じように(もらい火は相手に責任がない)、
責任は自分にある。っとことかな。
対策については生命保険と同じ。

投稿日時 - 2005-01-18 12:03:41

お礼

いくつかの専門用語が理解できませんが、何だかとても納得できるお答えです。
かなりすっきりしました。

>4 ある程度のユーザーであればウイルスソフトなどなくても汚染しない。
ウイルスを実行させません。メールソフトやブラウザに気を使います。

こうありたいのですが、どの程度なのでしょう…
勉強する気がなければ、対策ソフトを買いなさいと言うことなのでしょうか。

投稿日時 - 2005-01-18 18:57:03

ANo.26

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(27)

ANo.27

5S6

> こうありたいのですが、どの程度なのでしょう…
> 勉強する気がなければ、対策ソフトを買いなさいと言うことなのでしょうか。
>

インターネットエクスプローラーは使わない。
(スタックオーバーフローやActiveXのウイルスがあるため)
Opera(完全ではありませんが)や他のブラウザを使う。
全日空のシステム部門などはそうです。(今はどうか知りませんが)

メールソフトにoutlookは使わないという点ですかね。

知らない実行ファイルは動かさないとか。

これらは勉強というより経験でしょう。

車の運転を覚えたたての初心者マークを付けた人は事故を起こしやすいけど、
経験を積みたくさん乗っていれば、事故を起こしにくくなるという具合に。

投稿日時 - 2005-01-18 20:58:43

お礼

たくさんの回答をありがとうございました。
パソコンに詳しい方から見れば、当然のことでも知らない者から見たら疑問に思うことはたくさんあります。
使う側からすれば、何も分からなくても便利な部分だけ知っていればよいと思うのです。
その努力を、なぜメーカーはしてくれないのかな?
と言うのが初めの疑問でした。
多分、これからも大きく変わっていくのでしょうね。
結局は分化の道をたどるのでしょうか。
これからも、せめて迷惑をかけないよう、PCライフを楽しんでいきたいと思います。

投稿日時 - 2005-01-19 17:55:48

ANo.25

どうも#4のbucoです。
MACやLinuxにウイルスがいない理由はWindowsと比較してユーザーの多さが違うからでしょうね。
MACやLinux用のウイルスを作っても被害も少ないですものね。
後、最近はやりのコピーコントロールCDもMacだと全く問題なくエンコードして取り込めますものね。

Windowsが世界標準として採用されている以上、
それを悪用しようとしたりする輩も必然的に増える…
どうしようもない問題のような気もしてしまいます(涙)

問題はインターネットと言うものが世界中とネット上で結ばれているのが問題なんだと思います。
国々にちゃんとしたネット犯罪を取り締まる立法ができれば減るんではないですかね。
それかネット犯罪を取り締まる国際法ができれば変わるのではないでしょうかね。

今でも犯罪者は国外逃亡してしまう現状がありますよね?
それをしても意味がないようにするにはどこの国でも同じ法律で裁かれる。
そうすれば国外逃亡自体が意味なくなるのですよね。

だから、コンピューターウイルスを作ることを犯罪として、
それを国の垣根を関係なく取り締まる機関のネットワクークを構築できればかなりの数減ると私は思います。
でも、これはすごく難しいですよね。

年月はかかるかも知れませんがいつかはできるんではないでしょうかね…。

そのうちスピードに特化したプロバイダ、
セキュリティーに特化したプロバイダとか差別化もそのうちはっきり出てくるような気はしています。
でも、何千万というユーザーを抱えるプロバイダがうちは100%と言ってくれる所が出てくる可能性は少ないですよね。
もし何千万というユーザーが一斉に一つの新型の悪性ウイルスに感染してその保証とか…
倒産しちゃうかも知れませんね(汗)

投稿日時 - 2005-01-18 08:22:32

お礼

昔、破れない靴下を作ることはできる。でも、そんな靴下を作ると売れなくなってしまうから、わざと破れやすい靴下を作っているんだ…
と言う話を聞いたことがあります。
これだけ、専門家が集まる業界の中で、ウィルスに冒される心配のないコンピュータをどうして作れないのだろう…というのが最初の疑問でした。
みなさんのおかげで、かなり分かってきたつもりです。
でも、法律で取り締まらなければ…というのも何だか寂しい。
ソフト・ハードのメーカーで、顧客を守れないものかと思っていたのですが。

投稿日時 - 2005-01-18 19:05:43

ANo.24

パーソナルセキュリティソフトはフリー(無料)ものがいろいろあります。パソコン雑誌のムック本を見れば載ってます。

安い有線ルーターを付けるとウイルスをはじいてくれます。

アップルPCやLinuxは、ウイルスにほとんど感染しません。

たとえプロバイダ側で回線にフィルタをかけてウイルス防止を行っても、その料金はウイルス対策ソフトの月極めダウンロード料と同じになるでしょう。

セキュリティ強化に対する利用者の希望は大変強いので、今後のプロバイダ各社の競争は、従来の回線速度優先からセキュリティ優先に変わっていくと思います。

投稿日時 - 2005-01-17 18:41:47

お礼

>安い有線ルーターを付けるとウイルスをはじいてくれます。
アップルPCやLinuxは、ウイルスにほとんど感染しません。

これ、どうしてなんでしょう。
私の家は、安いルーターで4台のPCをつないでいます。
それで、ウィルスには感染しないのでしょうか。
ネットゲームに夢中の知人は、ウィルス対策ソフトを決して入れようとしません。
遅くなって、ゲームにならなくなるからです。セキュリティより、速さを重視する人たちもたくさんいると思いますが、どのようになっていくのでしょうか。

投稿日時 - 2005-01-17 21:09:29

ANo.23

今年もインフェルエンザ(ウィルス)が流行りそうですね。病院へ行くとワクチンを打ってくれますよ、費用はかかりますが、老人などの体力の無い人が毎年インフェルエンザが元で亡くなっています。
医療技術が発達した現在なのに、なぜでしょう。
「もしかしたら、医療関係機関や製薬会社が儲からなくなるから、ウィルスを、ばら撒いているのではないか、税金を払っているのだから、厚生省は毎年流行るのが分かっているのだし、流行る前に対策しろ。」
「個人でインフェルエンザ対策をさせるのは納得いかない。」と考える人がいても、おかしくないですし、私も個人で対策しなくて良くなってほしいです。
そうなれば貴重な時間をさいて病院へ行かなくてすみますし、私がインフェルエンザになって苦しまなくていいし、周りの人へうつして同じ苦しみをさせなくていいから。
でも私はワクチンを打ってもらいましたし、泥棒対策(ドアに鍵を取り付けるとか)も個人でしていますし、ほかにも個人でしていること(当然費用をかけて)いっぱいあります。
世界中の人々、個人全部が納得できる社会は実現できるのでしょうか、損する人がいなければ儲かる人もいないですし、無理ですね。
「そのプロバイダ・ブラウザでウィルスをシャットアウトするようになっているのが、むしろ当然のような気がするんですが」
それが当然になったとしても、なにか別な個人で対策をしなければならない問題がでてきます、その時には、私はやはり個人で対策します。
私も完全にウィルスをシャットアウトしてくれるプロバイダ・ブラウザがあれば、そこと契約するし、使用します。回答者の皆さんも当然、そうするでしょう。
病気の無い国、泥棒のいない国、損することも得をすることも無い国があったら、移住します。

投稿日時 - 2005-01-17 13:59:16

補足

ウィルスを犯罪者とすると、国家や都道府県にあたる地方公共団体は何にあたるでしょう。
ウィルスを取り締まり、発生したら広まる前に閉じこめるべき警察の役割を果たしてくれるのは、どこでしょう。
何だか、むなしい理屈のコネ合いみたいになってきました。

投稿日時 - 2005-01-17 17:52:42

ANo.22

>パソコンは、もっと家電製品に近づかなければいけないと思うのです。
スイッチを入れて、すぐに立ち上がり、基本的な使い方を知っていれば、便利に使える。それも出来るだけ安く、かつ安全に。

そうなってくれたら、どんなにか便利でしょう。
詳しい事を知らない私も助かります。
でも、家電だったら、家の洗濯機が壊れても隣の方に迷惑をかける事はない・・ってものですけど、パソコンのウィルスは?

通信手段の一つ電話。電話による詐欺がありますが、
詐欺電話をチェックができないのは、NTTが悪い。
って話は聞いた事がありませんよね。
それと、似た様な事かな?と解釈してます。

迷惑かけるのも、かけられるのも、出来るだけ避けたい。自己責任と捉えなければいけないものではないでしょうか?
勿論 なんの心配もなく安心してできたら、これにこした事はないけど、無理でしょうね。

投稿日時 - 2005-01-17 10:06:26

補足

「製造者責任」みたいな言葉ってありませんでしたか?
作ったもので、誰かが被害を被ることが予測されるのであれば、それを未然に防止する責任もあると思うのですが。
「使用者責任」があることは、百も承知です。

投稿日時 - 2005-01-17 17:57:19

ANo.21

無料のウイルス対策ソフトもありますよ。。
ウイルスによっては、デスクトップの画像をインターネットで公開するウイルスもありますし。
しょうがないのでは?スパイウェアも増えてますし・・

投稿日時 - 2005-01-17 08:19:13

補足

「無料のウイルス対策ソフト」ってどの程度信頼できるのでしょうか。
何か入れておけば、それで安心できるのならば、有料のものを求める人はいませんよね…

投稿日時 - 2005-01-17 17:59:46

ANo.20

ちょっと違う意見でも…
私もプロバイダ等でウイルスをシャットアウトする方がいいと思いますね。
<理由>
個人ユーザに任せるつもりならば、もっとウイルスについての説明があるべき
ウイルスが危険危険としか話を聞きませんからね。
どうすれば感染するかなどの最低限の知識を提供した上で、導入を進めるべきですね
それを全くしないで買え買えでは納得できないでしょう
そしてその説明ができないのであれば、入れる入れないは個人の判断でいいのでは?と思います
説明できるのであれば、当然プロバイダ側になんらかの対応が求められるでしょうし。

フリー版はたまにウイルス対策遅れる事がありますから
フリーのソフトの場合信用できる物選ばないと意味がないです
実際フリーのウイルスソフト入れてる人が周りで何人も感染しているので

ちなみに私はウイルスソフト入れていませんが、ウイルスが送られてきても感染も何もしてませんよ

ウイルスに関してのマナーがウイルス対策ソフトなのであれば
タバコの煙を吸わされる方にも何らかの対応策が欲しいですね(笑
ほぼ確実にタバコの煙をシャットアウトできるものを
タバコ関しては擁護がたくさんでるのに
ウイルスに関してはほとんど出なかったので書かせて貰いました。

投稿日時 - 2005-01-17 03:55:43

お礼

数少ない応援をありがとうございます。
(対策ソフトを入れるのがマナー)みたいな言われ方がどうも納得いかないのです。
迷惑かけちゃいけないのは分かっています。
それなら、初めから迷惑のかからないものを作るべきじゃないでしょうか。
余談ですが、私は半年前まで喫煙者でした。
多くの方にご迷惑をおかけしました。
確かに、仲間はたくさんいて、心強かったです。

投稿日時 - 2005-01-17 18:30:00

ANo.19

ウィルス対策のないPCは動かなくしてしまえばいいのではないでしょうか>>>

ちょっと、すごい意見ですね。自分は、乗用車しか乗らないから、この世からトラックを無くしてもいいと言うような意見だと思いますよ。
ネットに繋ぐ場合のパソコンは、という限定での話でなら、理解は出来ますが。。。

クローズドで、使っている人には、インターネットには、繋げないし、パソコンに入れて、値段を高くしてもらっても困りますけど。

質問者さんは、世の中のパソコン購入者が、すべてインターネットやメールやに、パソコンを使っているとか、マイクロソフトのOSを、使っているとか、誤解があるようですね。

色んな機器の設定専用とか、プログラム作成用とか、専用で使っている人もいますので、事情が、ユーザー毎に、違うんです。

すでに、ほとんどのメーカー製パソコンは、最初から、OSやウイルス対策ソフトを標準で、セットして販売しています。

当方は、不要なので、OSすら買いませんが。
かと言って、ネットに繋ぐときは、ソフト的にもハード的にも、自分は、守りますけど。
第一、自分のパソコンの中身が、覗かれちゃうでしょう。

投稿日時 - 2005-01-16 20:43:17

補足

>ウィルス対策のないPCは動かなくしてしまえばいいのではないでしょうか>>>

対策ソフトを絶対入れろという方々を代弁したつもりです。だからこそ、プロバイダやOSやブラウザ作成者が考えてもいいことではないでしょうか。

私の中では、PCは通信機器です。
クローズドで使っている方は、割合としてもとても少ないのではないでしょうか。
よく分かりませんが。

投稿日時 - 2005-01-17 18:02:29

ANo.18

「被害者・加害者」「責任」は法律の問題になります。ユーザーが「自分は悪くない!」と言い張るためには、裁判で勝てるだけの「通常のセキュリティ対策」はやっておく必要があります。98/Meではセキュリティソフトは使えません。新たに10万円PCを購入してメモリを512MB以上搭載してください。

スピード(処理能力)とセキュリティ(安全対策)は対立します。セキュリティを強化するには、できるだけ贅沢なパソコンが要ります。
プロバイダでトラフィックにフィルタをかけてウイルス蔓延を防ぐことは可能です。でも通信速度がとても遅くなり、加入者が減少してしまいます。また月極め料金が安いプロバイダがニーズとして求められていて、日本は世界一ネット料金が安い国になりました。いらいらするほど遅くてもいい、料金が高くてもいい、という人が増えれば、優先順位が変わり、サービス料金が馬鹿高いプロバイダが出てくるでしょう。現在、セキュリティ強化に対するユーザー層の要望はとても強いです。

しかし質問者さんの感想は私も共感します。ウイルスや不正アクセスは抜け目なく頭がいいですから、万全のセキュリティ対策は一般ユーザーには無理です。

責任には「管理責任」というのがあります。日本政府は幼稚産業であるプロバイダ業を発展させるために、政策的にできるだけプロバイダの責任を軽くする法律制定をしました。

ネットでは警察も動きません。これは取り締まりを強化しようにも、警察当局にコンピュータに強い「専門家」人材が不足していたためでしょう。

パソコンとインターネットは「グローバルスタンダード」「国際派」の世界です。これは「日本」ではありません。日本流をやめてアメリカ流、国際人、ボーダレスの文化で進まないと、国内勢はすべて淘汰されます。
「日本流」「日本の常識」を振り回すユーザーがとても多いので、サービスやサポートのコストがかかり過ぎて、日本の国内メーカーやプロバイダは利益がちっとも上がらず、収支トントンで、NECや富士通も、いつパソコン事業から撤退してもおかしくない経営状態です。

ユーザー側も、頭や取り組み姿勢を転換して「日本的感覚」を捨て、「グローバルスタンダード」「国際派」でパソコンとインターネットに向かうべきです。「日本流」では国内I T産業は全滅してしまいます。「日本人をやめる」しかないのです。

投稿日時 - 2005-01-16 19:22:35

お礼

前半部分、すごく分かります。とても参考になりました。
後半部分、「グローバルスタンダード」「国際派」…実感がありません。PCで実務に携わっていないせいでしょうか。

投稿日時 - 2005-01-17 18:09:54

ANo.17

まあ、たぶん貴方が高いソフトを
買うのはムカつくからな感じがするし、
ここで回答される方々は「絶対ワクチンしろ!」
としか言わない現状には同情いたします。

自分はなんか裏ではハッカーと
ソフトメーカーが手を組んでいると
思ってしまっているので
買う気は起こりません。
しかしー
とは言え責任転換した所で
弱者の戯れ言にすぎないので
自分はこのような対策をしています。

・まずウインドーズのアップデートをする
・フリーのファイヤーウォールを入れる
・POP3メーラーなどで直接メール情報を
見て危険なメールを排除する

ファイヤーウォールはこちらがよろしいかと
http://xtrm.jp/works/soft.htm#xgrd

POP3メーラーはこちらで
http://computers.yahoo.co.jp/download/vector/win/net/mail/check/

まあ、他に色々とやり方はあると思いますが、
愚痴言っているとこの人達に
いいヒマ潰しを与えてやるだけだだと
思うので、
フリーのソフトを活用されてみては
いかがと思うのですがー

投稿日時 - 2005-01-16 17:43:31

お礼

ソフトの紹介を、ありがとうございました。
納得できるものなら、いくら高くてもかまわないのです。
フリーのソフトにも、良いものはたくさんあると思いますが、使いやすさや信頼性は有料のものには叶わないと思っています。

投稿日時 - 2005-01-17 18:23:22

ANo.16

そもそもこの世界は既に「自己防衛の原則」ってのが
暗黙の了解ってことでまかり通ってしまっているので
この状況をひっくり返すのは事実上無理だと思う。
プロバイダとの契約時にも、「ウイルスやスパイウエア等を完璧にブロックします」なんてうたってないと思うので。最後に、俺がこれまでにいろいろな情報をあさってきた中でイイと思うものを紹介するよ。

アンチウイルス:Kaspersky
アンチスパイウエア:Giant Antispyware(Microsoftに買収された)

投稿日時 - 2005-01-16 16:33:27

お礼

ソフトウェアをご紹介頂いたと思います。
ありがとうございました。
でも、どちらも英語でしか出て来ないようです。
よく分からないままでは入れられません。
申し訳ありません。

投稿日時 - 2005-01-17 18:17:14

ANo.15

コンピューターもインターネットも、まだまだ不完全な技術の世界です。

個人個人に、一切のセキュリティー対策を任せている現実は、その表れだと言えるでしょう。

しかし、欠陥商品を売っておいて、何か怪我や事故が起きた時、本人の使い方が悪いのだと、その責任を、すべて消費者に押し付けたら、その会社は非難ごうごうでしょう。

インターネットの世界では、現実にそれがまかり通っているのは、やはり問題だと思います。

マイクロソフトは、そのことに気付いて、セキュリティー対策に力を入れだしています。

いずれは、プロバイダーも、積極的にセキュリティー対策をしないと、生き残れない時代が来ると思います。

投稿日時 - 2005-01-16 15:23:35

お礼

何だか、一番納得できるご意見をいただきました。
今の状態は、(このままだと事故を起こしてしまう。でも、この部品を買えば、結構安全になります。別に、買わなくてもいいのですが…)そう言って車を買わされているようなものです。
安全になるなら、初めからつけといてよって思うのは私だけじゃないと思います。
でも、それを着けることでノロノロ運転しかできないのは、やっぱり嫌ですよね。

投稿日時 - 2005-01-16 17:02:24

ANo.14

ウィルス対策ソフトは、フリーでも存在しますから別に有料にこだわるべきではないと思うのですけどね。

ソフトを入れるか入れないかを考えるなら入れるべきだと私は思いますが・・・まあ、考え方は人それぞれです。ただいえるのは、誰が無責任だと言い合いをする人ほど無責任な人はいないということです。

なぜなら、自分に僅かながらも否があることを、認めずに揉めるのですからね。プロバイダー側でサービスをしないということですが、AOL(アメリカンオンライン)が米国でサービスの開始を予定しているようですね。ただ、このサービスは速度の低下とサーバ負荷が大きくなりますので、皆がそのサービスに満足するのかどうかは分かりません。

個人的に大事だと思うのは、多様性にどのように対応するかということと、自分でどこまで自分を守れるかでしょう。そして、どれだけ人の声に耳を傾けるかかな?まあ、悪い人も増えていますので変な人に捕まらない術も必要ですけどね。

多様性というのは、インターネットに限らずサービスは多様化して人の考え方も多くあるということ。使い方も様々なのです。その中に悪意のあるものも残念ながら存在します。それに、身を投じるということはどういうことかということを自分で考える必要がある。

次に、自分を守ることは、当たり前だがあまり考えないこと。人は無意識、意識的に生活する際に危険な行為はしませんよね。ただ、インターネット上など仮想空間ではどうでしょうか?ついつい人を軽視したり、話がこじれてネット上での大げんかもあるかもしれません。仮想空間では危険なこと、本来の世界ではしないようなこともすることがあるのです。それ故、より注意を払う必要もあるでしょう。ウィルス対策は無駄かどうかは、自分がどう考えるかの問題で、人が軽蔑しようが入れたくなければ入れなければ良いのです。

人は人ですからね。私はそういう考え方は嫌いですけどね。まず、よく考えてください。阪神大震災の時、新潟の大地震、スマトラの大地震で被害がありましたが、その前に地震が起こると誰が予知したでしょう。

じゃあ、自分のパソコンにウィルスが侵入するのはいつだとどうやって予知しますか?ウィルスは常に変わります。もしかすると安全なファイルのつもりで開いたファイルがウィルスかもしれません。
インフルエンザのワクチンを注射しても、新型の鳥インフルエンザには効かないのと同じです。

自分が病気にかかる可能性のために、保険に入るか入らないかも同じこと。元気ならその保険金の掛け金は無駄でしょう。しかし、大病で入院したときに、保険がなければ困る。命とパソコンは違いますが、大げさに言えば、保険と同じなのです。

ウイルス対策ソフトを入れていても、ウイルス対策ソフトが新種を見つけられないことはあります。では、何も予防措置をとってないのと何が違うのかというと、それでも新種のウィルスによっては、危ないおそれがあると隔離してくれ、業者に送付する機能があるという違いがあります。

そして、最後の点は人の行動や言動を自分に当てはめるかどうかです。人のことに文句をいいつつ自分は、一人前なのかどうか考えること。対策するメーカー側がまともじゃないのが悪いというのは、言い逃れであり、メーカーがやらないならやってくれるまでは自分でするしかないのです。その上でメーカーにも言えば良いのですよ。正直私は人のことを言えた口ではないですけどね。


まあ、私はわざわざISPがそこまでやらなくても良いと思いますけどね。それなら、フリーのウィルス対策ソフトをより普及させ、性能を向上させる努力をしてくれた方が良いと思うのです。これは、個人的な考えですけどね。

投稿日時 - 2005-01-16 12:45:42

お礼

お考えをありがとうございます。
私は、何も誰が悪いのか、を論じるつもりではありません。ただもっと、安全で楽しいPCライフを送りたいだけです。
これまで、ウィルスらしきものに遭遇したのは、もう10年ほど前におかしなメールが来た程度でしょうか。
ウィルスって本当にあるの?と思いながら、毎年更新料を払う…元気なのに、予防接種を無理矢理受けさせられるようなものです。
業者がインターネットの普及を目指すのであれば、その安全性に配慮するのは当然ではないでしょうか。

投稿日時 - 2005-01-17 19:10:23

ANo.13

どうもmbtbさんが、
パソコンのことや、
世間のこと、
さらには、ウイルスの事自体お判りになっていないような気がします。

まず、パソコンの事ですが、
パソコンはHDDにプログラムやデータを新たに書き加える事で、
様々な仕事をします。
WORDやEXCELで人間の仕事を効率化したり、
インターネットを見る事でも、WEBにあるデータ(指示書(プログラムやデータ))を取り込むことによって、
ページの更新も表示させる事が出来ます。
これは、HDDなど書き換え可能な媒体が在るからこそ、可能になります。
※mbtbさんの様な人が、「コンピュータ言語」を知らなくても、
personalComputerが、代わって仕事をしてくれています。

世間の事についてですが、
mbtbさんは、「地球上に悪人は絶対居ない!」とお考えでしょうか?
インターネットという世界規模のネットワークを利用しているのなら、
世界規模で物事を考えなければなりません。
mbtbさんがパソコンを買えたように、「悪人」でもパソコンを購入出来るのです。
(悪人でなくても、もし何らかの間違いでプログラムやデータを作成した場合、「悪さ」に至る場合も在ります)

ウイルスの事についてなのですが、
「ウイルス」とは、使用者などに無断で「悪さ」等を起こす、プログラムの事を言います。
HDDなど、書き換え可能な記憶媒体を利用しているからこそ、「絶対に!」とは避けられません。
mbtbさんが、パソコンをどの程度ご理解されているのかは、判りませんが、
mbtbさん以上に、パソコンのことを知っている人も居ますし、
「コンピュータ言語」を知っている人も、勿論居ます。

その「コンピュータ」を知っている人が、もし悪人だったらどうでしょう?

「ピッキング」や「架空請求」、さらには「偽札」等、様々な犯罪が横行している昨今、
「悪人はコンピュータを所持していない」とは、言い切れないのです。
その悪人が、「犯罪手口を巧妙」に進化させるように、
ウイルスも常時進化させていきます。

進化するウイルスに、「絶対安全」という事はありえません。
これは、例えばプロバイダー側が対処を行ったとしても、「日々進化する犯罪」には「絶対安全!」とは、
言い切れないのです。
でも、暫定的とは言いながら、「関所(鍵)」も必要となるでしょうし、
ユーザーが様々な場所(ネットワーク上の各サーバー)へ行く事で、
パソコン自体で「ウイルス対策ソフト」が必要になるのです。(プロバイダーが全て把握出来ない為)

「ウイルスに感染したパソコン(プログラムを書き換えられた)」からは、
中にはもっと「効率的に悪さ」を行える様、
使用者の意思とは無関係に「ウイルス付きメール」を送り続けます。
もし、そのメールがmbtbさんのように「ウイルス対策をしていないパソコン」に到達し、
プログラムを書き換えられてしまったら・・・
それが、「ねずみ算式」に増えてしまい、
どんどん「ウイルス」を拡大し、他のパソコンを脅かしていくのです。

「ウイルス対策ソフトを入れない」対策としては、HDD等書き換え可能な記憶媒体を使わない、
外部からの導入を絶対しない(CDやFDも含め)、

「パソコンを使わない」という事が一番良いと思います。

PS.
一応私は、プロバイダーのメールチェックと自分のパソコンに「ウイルス対策ソフト」を導入していますが、
実際に「ウイルス(ウイルス消去済みメールも含め)」が来た場合、
念の為、自らのパソコンもその都度「ウイルスチェック」を行います。
(この作業にも多大な時間が掛かります。)

もし、私の近辺に「私はウイルス対策ソフトは入れない」という人が居るのなら、
私の場合、直接行く等、私に関することを全て除去する(する事を強要)するでしょうし、
それでも聴かない場合、「信用など皆無」も含め、
もし自分のパソコンが万が一感染し、その人のパソコンから来た為だと判ったときは、
損害賠償も、やもうえない場合もある事も考慮に入れたいと思います。

投稿日時 - 2005-01-16 12:38:12

補足

どうも、パソコンのことを知らないばかりか、世間知らずにまでされてしまったようです。
確かに、パソコンも世間のこともよく分かりませんが、それこそ私のような人がほとんどで、この状態でパソコンを使っているのではないでしょうか。
改めて書き加えますが、現在の私はウィルス対策をしています。
この対策だって、完全とは言い切れないものですよね。
どうしてプロバイダなり、ブラウザやOSの方で安心して使えるようにできないのか、が私の疑問です。

投稿日時 - 2005-01-16 15:57:18

ANo.12

パソコンは、もっと家電製品に近づかなければいけないと思うのです>>>家電製品は、もうパソコン化していますよ。洗濯機だって、勝手に洗濯物の量を判断して、よごれの程度も判断して、何回、何分、洗うって、自動でしょ。

携帯電話なんて、メールとネット専用のノートパソコンと中味は同じでしょ。

パソコンは、ユーザーが、自由に中味を変えられるところに、違いがあるだけでしょう。

基本的な使い方を知っていれば>>>そうですよね。基本的な使い方とは、パソコンをネットに繋ぐなら、ウイルス対策ソフトを入れるという、基本的な使い方を、守りたくないということですよね。だいたい、今、新品でパソコンを買えば、ウイルス対策ソフトが、入っていますよね。

脆弱な状態なら、セキュリティソフトなんて入れても意味ないのでしょうか>>。。
だからこそ、セキュリティソフトを入れなくてはいけない訳ですよね。

何だか叱られているみたいですが…
よく分からないまま、感覚的に思ったので質問させて頂いています。
>>>>
そうですね。あなたが、ウイルス対策を怠ると、インターネットに繋がっているみんなが、迷惑するという、現実がある以上、ご自分の意見や考えに合わない回答が来ても仕方ないです。質問者を、気持ちよくさせるなら、有料のその手のサイトで、質問されれば、嫌な気分には、なりません。つまり、知らずに、他人にウイルスを撒き散らす可能性のある態度は、だれも肯定は、しないでしょうね。
ご自分のパソコンが、止まるのは、ご自由ですが。

何も変わっていないのではお金の無駄のような気もします。>>>>それで、助かっているのでしょう。対策ソフトを入れて、感染したのなら、また、大変なのでしょうが、何も起こらず、平穏に使えるソフトの恩恵があるわけですよね。

スパイウェアの検索をかけると、何かしら引っかかって来ます>>>>>
当然、クッキーを使っていれば、必ず、このクッキーは、消しますか?残しますか?と聞いてきます。それが、スパイウエア対策ソフトの機能なので、どこかで、ID、PWを登録、保存すれば、聞いてきて当然です。

実際、今私の入っているプロバイダは、ウィルスチェックサービスをしています。ところが、これを申し込むととんでもなく重くなって使い物になりません。
(もし感染したら、責任を問われるから厳重にしているだからと思うのですが)
それに、このサービスは無料です。
>>>>これらは、すべて、ウイルス対策ソフトメーカーが、プロバイダーに購入してもらっているので、出所は、同じです。
サーバー用ということで、100万円単位のお金を払います。クライアント版なら、数千円でしょうね。

ウイルス対策ソフト本体より、新しいウイルスに対応して、パタンファイルをすばやく開発して、配布する人件費が、かかるということでしょう。そして、軽くと考えるなら、ハードを強化する方が、お値打ちだと思いますが。。。ハードで強化した分、ソフトは軽く出来ます。
サーバー用のウイルス対策ソフトは、速さを重視していますので。。。

投稿日時 - 2005-01-16 12:19:35

ANo.11

何だか割り込んで回答しているようで申し訳ありませんが。
ちょっと別の視点から考えてみませんか??

皆さんが知っているとおり、ウイルス対策、および
セキュリティ云々を謳った製品はたくさんありますよね。
電気屋やパソコンショップでもたくさん販売されていますし、
ネットで調べてもたくさん出てきます。
また、プロバイダもメールのウイルスチェックサービスを
してくれたり、あるいはHPで対策を促す文章を
載せたりしていますが、
もし、対策をしてもしなくてもあまり関係ない、
つまり、「どうでもいい」ようなことなら、
これだけの製品が世の中に存在しているでしょうか。
「必要とされているから」あるのではないでしょうか??

また、No.4の方の意見の、
>ウイルス自体セキュリティソフトメーカーが作っているとの噂もある位ですがね。

この意見に対しては、私も否定しません。
PCの話とは外れますが、私の知り合いに、
警備会社とトラブルになった方がいます。
詳しくは知りませんが、どうやら警備会社の人が
泥棒まがいのことをしたらしくて、言い合いに
なったみたいです。
それと同じようなもので、真実は本人たちしか知りません。
今の世の中に蔓延する、ピッキングの被害なども、
ひょっとしたら防犯の専門家が、泥棒を教育
している可能性も否定は出来ません。

でも、少なからず、そのような良からぬことを企む
連中はいるのは間違いありません。
(本当の正体は分かりませんが。)
だから、そのような奴らがいる限り、
出来るだけの対策はしておいて損はないと思います。
対策をして失うものよりも、得るもののほうが
大きいはずです。

最後に、理屈っぽくてすみませんでしたm(__)m

投稿日時 - 2005-01-16 11:52:21

補足

>「必要とされているから」あるのではないでしょうか??

必要なら、初めからパソコンに備えておくべきです。
OSがなければPCは動きません。
ウィルス対策のないPCは動かなくしてしまえばいいのではないでしょうか。

別に、対策ソフトに金を出すのが惜しくて言っているわけでもないのですが…
PCの進歩の割に、対策ソフトについては納得いかないなぁと思っている次第です。

投稿日時 - 2005-01-16 19:28:08

ANo.10

#6です再び
>パソコンは、もっと家電製品に近づかなければいけないと思うのです・・・
ネットには一切接続しないで、“単体”で使う機器ならそれは一理アリでしょうね。

ウィルス対策ソフトは「保険」のようなものだ、という考え方をする人がおられるようですが、僕はそうは思いません。

自動車関連の保険にしても事故を起したときの救済であって事故そのものを防ぐものではありません。
ウィルス対策ソフトはその事故自体を未然に防ぐものですね。

>何千万というユーザーに、それほど安くはないウィルス対策ソフトを買わせるのは…
ウィルスは絶えず進化していますからそれ相応の対策を立てるにはこれは「経費」だと思ってください。

投稿日時 - 2005-01-16 11:36:09

補足

>ウィルスは絶えず進化していますからそれ相応の対策を立てるにはこれは「経費」だと思ってください

「安心・安全・便利」これが、私の家電製品のイメージです。対策経費がかかるようでは、まだ発展途上の製品です。

投稿日時 - 2005-01-16 15:51:20

ANo.9

ウィルスの侵入経路は、インターネットだけとは限りません。あなたが使ったCDや、HDDに忍び込んでいないとは限らないのです。たとえばあなたの友人がウィルスソフトを入れてなく、うっかりウィルスメールを受け取ってしまい、その感染したパソコンで音楽や映像のCDやDVDを作ってあなたに提供したとすると・・・。
 あなたがウィルス対策をしていれば被害は受けませんが、していなければ当然どれだけプロバイダやブラウザが対策をしていても感染してしまうことになるでしょう。さらに、あなたのパソコンを通じてあなたの友達や知り合いに感染を広げてしまうことになるのです。自分が被害を受けないためにも、周りに迷惑をかけないためにも、セキュリティーソフトは現在のネット環境では必須ではないでしょうか。
 コスト的に見ても個人で対応するのがもっとも安上がりではないかと思います。プロバイダや、ブラウザが対策するお金は、利用者に転嫁されます。その状態でもウィルスが入ってくる可能性を0にできないとすれば、やはり個人でその上にセキュリティーソフトを
入れる必要が出てくることを考えると・・・。
わかりますよね。結局個人レベルでセキュリティーを確保するのが安上がりということになるでしょう。
 以上のことを考えれば、悪意でウィルスやマルウェアを撒き散らす輩がいる限り、自分の安全と、周りに迷惑をかけないという最低限のマナーを守るためには、セキュリティーソフトは必要なのではないでしょうか。

参考URL:http://www.higaitaisaku.com/

投稿日時 - 2005-01-16 10:35:19

補足

>コスト的に見ても個人で対応するのがもっとも安上がりではないかと思います。プロバイダや、ブラウザが対策するお金は、利用者に転嫁されます。その状態でもウィルスが入ってくる可能性を0にできないとすれば、やはり個人でその上にセキュリティーソフトを
入れる必要が出てくることを考えると・・・。
わかりますよね。結局個人レベルでセキュリティーを確保するのが安上がりということになるでしょう

プロバイダで対策を講じる方が、安上がりにならないのはどうしてなのか分かりません。
実際、今私の入っているプロバイダは、ウィルスチェックサービスをしています。ところが、これを申し込むととんでもなく重くなって使い物になりません。
(もし感染したら、責任を問われるから厳重にしているだからと思うのですが)
それに、このサービスは無料です。

ソフトウェア開発メーカーが、軽く高性能なソフトを開発し、いくつものプロバイダに特許を売るような形で貸し出せば、個人レベルにかかる負担は、かなり安くなるように思うのですが。

投稿日時 - 2005-01-16 11:25:00

ANo.8

ははは、、、笑ってごめんなさい。

でもきっと貴女が病気にかかったら
「あたしがこんな病気になったのは、いったい誰のせい!?」
で、誰かにうつしてしまったら
「うつしてしまったのは、病気を治してくれないヘボな医者のせいだわ!!」
って仰りそうで。

そんな事を勝手に想像しながらご質問、拝見させて頂きました。

インターネットだけが感染の場所ではありません。
全ての情報にウィルスが潜んでいる可能性を考慮する必要がある今日この頃。
被害を被るのがご自身だけであればまだいいですけど、仲のいい隣人の大切な記録・情報を、(そのつもりがなくても)破壊してしまう事があったら、本当に(人間関係も)取り返しがつきません。

誰の責任という事ではなくて、
個人で出来る事をしっかりやる、そういう事なのだと思っています。
「だれが、なにをする」ではなく
「自分は何をする」なのでしょう。

貴女の言う「上位レベル」でのセキュリティーと、貴女が出来る「個人レベル」でのセキュリティー、双方が上手く機能する必要があると考えます。

投稿日時 - 2005-01-16 10:32:09

補足

あら、私って女だったのね!?
そうよ、私を病気にしたら、こんな環境に私を置いておく社会がいけないのよ。
これだけPCが広まっている現在、ハード・ソフトのメーカーが、その安全性にもっと気を配り、「病人」を出さないようにはならないのでしょうか?

投稿日時 - 2005-01-16 16:53:27

ANo.7

私の会社、グループ全体で専用線などによるネットワークがあり、外部(インターネット)との接続は厳重になっています。不審なアクセスはブロックされます。もちろんメールサーバでもウイルスチェックは行われ、怪しい添付ファイルなどは削除されます。また、部署などの比較的小さな単位でもアクセス制限があり、外部からの不審なアクセスはブロックされます。
そして、社員にはセキュリティに関する教育もあり、運用規定もあります。
普通のインターネット環境からみれば相当安全です。
では、これでウイルスなどは防げるか? というとそれでも防ぎきれないのです。このため、全てのパソコンにウイルス対策のソフトを入れ、データの更新も自動で行うようになっています。
これだけやってもウイルスなどの侵入はあり、完全ではないのです。

現状、最低限ウイルス対策のソフトは必須ですね。

投稿日時 - 2005-01-16 10:12:44

補足

私の職場も、似たような状況です。
(こんだけやっているんだから、もういいじゃん…)と思っていても、スパイウェアの検索をかけると、何かしら引っかかって来ます。
一方、自宅のPCでは、ここ数年何も入っていないようです。
企業と個人のものの違いでしょうか。
前回の質問以来、セキュリティソフトは入れました。でも、入れたと言うだけで、何も変わっていないのではお金の無駄のような気もします。

投稿日時 - 2005-01-16 10:34:51

ANo.6

>そこら辺を全て考慮に入れて導入する、
しないを決めるのは各ユーザー次第だと思います…

自分で決めている人って自身過剰なのでしょう多分・・・。僕には自分でそこまで出来る自信はありません。

投稿日時 - 2005-01-16 10:02:50

ANo.5

では、プロバイダや、ブラウザを、通らないで、いかにも、プロバイダーやブラウザを通ってきたように、見せかけて入ってくるウイルスには、あなたは、誰の責任だ、と、おっしゃいますか?

ちゃんと、ブラウザで、そのホームページが、正規のサーバー系由で、接続され、正規のホームページといちいち確認してますか?
また、メールの相手方を、正規の相手ときちんと確認して、メールのやりとりしていますか?

フロッピやCDを入れるとき、必ず、ウイルスやスパムが、入っているか、チェックしてますか?

ほとんど、どこかで、割り込みが、あるから、ウイルスがくる訳でしょう。

ウイルスの仕組みを知っていれば、逆に、現在のウイルス対策が、いかに、脆弱かが、解るはずです。

つまり、知らぬが仏でしょうか?
大幅な誤解をしています。正規のウイルス対策済みユーザーから、正規のウイルス対策済みサーバーを系由してのメールは、ほとんど感染していないでしょうけど、あなたは、自分で、ウイルス対策ソフトを使わずして、正規のメールか否か、どうやって、お分けでしょうか?

投稿日時 - 2005-01-16 09:53:45

補足

何だか叱られているみたいですが…
よく分からないまま、感覚的に思ったので質問させて頂いています。

>ウイルスの仕組みを知っていれば、逆に、現在のウイルス対策が、いかに、脆弱かが、解るはずです。

ウィルスの仕組みなんて、何も分かりません。
でも、インターネットを使い、メールも利用しています。
パソコンは、もっと家電製品に近づかなければいけないと思うのです。
スイッチを入れて、すぐに立ち上がり、基本的な使い方を知っていれば、便利に使える。それも出来るだけ安く、かつ安全に。まだまだ、遠いですよね。
現状、脆弱な状態なら、セキュリティソフトなんて入れても意味ないのでしょうか?

だから、プロバイダなりブラウザのメーカーが安定した環境のためにもっと何かしてもいいのでは?と思ったのですが…

投稿日時 - 2005-01-16 10:46:24

ANo.4

確かにそれはそうかも知れませんが、
もしウイルスにかかりPCの全データが復旧困難…
このような状態になってしまったと想像するとどうですか?
ウイルス自体セキュリティソフトメーカーが作っているとの噂もある位ですがね。

後、自分のパソコン上で受け取った知り合いのPCにも知らず知らずのうちにウイルスをばら撒く…
こんな事もおきなくはないですね。

そこら辺を全て考慮に入れて導入する、
しないを決めるのは各ユーザー次第だと思います。
自分はNortonが重かったため停止させたのを忘れてしばらくネット観賞…

ウイルスにも感染最終的にレジストリをいじり失敗…(涙)
OSクリーンインストルでまっさらという状態になりました。
必要な物はどうにかセーフモードでバックアップできたから良かったもののとても苦労しました。

一意見として参考までに。
ちなみにフリーのセキュリティソフトにも良いものがありますよ。
ただ勿論メーカーの対応の早さには及びませんが…。

参考URL:http://www.higaitaisaku.com/

投稿日時 - 2005-01-16 09:45:19

補足

>ウイルス自体セキュリティソフトメーカーが作っているとの噂もある位ですがね。

これ、半分本気で信じたいことです。
毒を飲ませて薬を売るようなものですから、かなりおいしい商売です。
他方では、個人としてのマナーだ、迷惑かけたらどうすると、圧力をかけてきます。
よく分からないユーザーとしては、入れとかなきゃいけないみたい…で買わされるんですよね。

投稿日時 - 2005-01-16 10:41:05

ANo.3

多分、以前の質問では、ウイルス対策ソフトの導入の有無は、個人の勝手というような内容ではないですか?

ごもっともな意見だと思います。
でも、PCウイルスの場合、本人より、まわりに、多大な迷惑を掛けますので、今では、マナー的に、ウイルス対策ソフトは、必須な状態です。

言われるように、プロバイダーでやればよいのですが、コストの問題もあるでしょうね。
なんせ、日本のネット環境は、世界的にみても、現状は、相当安いです。
もし、そのような事をするのでしたら、明らかに、利用料はアップすると思われます。

あと、ウイルスは、すべて、ネットからと限った事ではありません。
以前、雑誌の付録のCDに、ウイルスが混入していたなんて事も実際ありました。
だとしたら、ネット環境だけ、防いでも、意味がないですよね。
また、中には、フリー(無料)ソフトで済ませている方もいます。
その方が、全面的に、ソフトの導入で利用料がアップしたら、納得しないと思います。
自分の意見はこんな所です。

投稿日時 - 2005-01-16 09:43:40

補足

個人のPC環境で、セキュリティソフトが必須のものであるならば、プロバイダで対応するべきでは?と言うのが私の考えです。
雑誌の付録CDに入っていたなんて、それは出版社の責任です。
後は、個人間のデータやりとりの中でうつるのでしょうか?
監視ソフトを常駐させなくても、怪しいと思ったときにチェックできるソフトってありましたよね。
重くなる、金がかかるはみんな好まないと思うのですが。

投稿日時 - 2005-01-16 11:17:42

ANo.2

ウイルスの進入経路は必ずしもインターネットを経由して、というわけではないからではないでしょうか?

例えば他のウイルスに感染したPCでコピーされたCD-ROMから、フロッピーディスクから、LAN上にある他のウイルスに感染したPCからなどなど…。

それにプロバイダで完全にシャットアウトできるかどうかというと、これも完全とは言い切れませんし、ブラウザ?どうだろう??

投稿日時 - 2005-01-16 09:39:29

ANo.1

きっと質問者さんは日本にお住まいですね?
でしたら、日本には優秀な警察組織があります。
鍵かけなんて面倒ですから一切戸締りせず、金庫も捨てちゃいましょう。
現金なんかイチゴの空きパックにでも入れて玄関においておくと配達の支払いの時便利ですよ。

投稿日時 - 2005-01-16 09:37:42

あなたにオススメの質問